• 9月は防災月間
  • まもなく始まるマイナンバー、準備はお済みですか?
  • ビッグなボルトでタフに守る・ビッグボルトシリーズ
  • 水害対策の強い味方・脅威の72時間防水:ウォータープルーフシリーズ
  • 創業1930年。信頼のブランド
  • 合鍵のご注文・暗証番号
  • よくあるご質問

耳より情報・金庫あれこれ

シェアハウス運営で考えるべき注意点

最近は、新しい不動産投資の対象として「シェアハウス」が注目されています。シェアハウスとはどのようなもので、オーナーになるとどのようなメリットがあるのでしょうか。今回はシェアハウス運営について解説します。

シェアハウスとは?


シェアハウスとは、1つの住宅を複数人でシェアして住むタイプの賃貸住宅のことです。
多くの場合、ベッドなどを備えたそれぞれの個室とは別に、リビング、ダイニング、キッチン、浴室、トイレなどの共有スペースがあります。

シェアハウスは元々、一戸建て住宅の余っている部屋を外国人に貸し出すようになったのが始まりと言われており、外国人を主な対象とするハウスビジネスへと発展していきました。
今も多くのシェアハウスを外国人が利用しており、日本人も一緒に暮らしています。

また、最近では日本人だけで住むシェアハウスも多くあり、大規模なシェアハウスや女性専用シェアハウスも増え、多様化が見られています。


シェアハウス建物の種類


シェアハウスには5~6人で住むタイプから100人規模で住む大規模なタイプまで、さまざまな物件があります。これらを建物の種類によって分類してみましょう。

一戸建て住宅型

通常の一戸建て住宅をシェアハウス用に改築したものや、低層集合住宅であるテラスハウスを改築したものなどがあります。
部屋数が限られるため、住める人数は少ない傾向にありますが、1部屋に2段ベッドを置いて2人で使えば、2階建ての物件で10名程度は住めるでしょう。
キッチンや浴室などの水回りのスペースのほか、リビングやダイニングなどが共用スペースとなります。

アパート型

アパートを改築したもののほか、シェアハウス用に新築した物件もあり、多くの場合10~20人で生活できます。
玄関や共有スペースは一戸建てより使いやすく作られていることが多いでしょう。
以前は木造の安いアパートが多かったのですが、最近はデザイナーズ物件など、高級感のある造りのシェアハウスも増えています。

共同住宅型

アパート型をより大規模にしたもので、寮などに似たタイプのシェアハウスです。物件によっては、100名程度が住めることもあります。
さらに、広いラウンジを備えていたり、大型テレビモニターやレクリエーションルームがあったりする物件もあります。
住める人数が多いため、シェアハウス内でスポーツや遊びのサークルが作られるなど、シェアハウス内でもちょっとしたコミュニティができる可能性も高いです。


シェアハウス運用のメリット


不動産投資としてシェアハウスを始める場合、すでに一戸建て住宅やアパートなどの物件を持っており、リフォームやリノベーションを行ってシェアハウスに転用するというケースが多いでしょう。

しかし、最近は最初からシェアハウス運用を考えて、新築物件のオーナーとなる人も増えているようです。シェアハウス運用にはどんなメリットがあるのでしょうか。


複数の入居者から家賃収入が得られる

一戸建て住宅など、1つの物件を複数人に貸す場合には、複数の入居者から家賃収入を得ることできるため、収益率が上がります。借りる方も、家賃が安く済むのでお得です。

空室率を抑えることができる

普通の賃貸住宅は、空室になると家賃収入がゼロになるというリスクがありますが、シェアハウスでは通常、常に一定人数の入居者がいます。たとえ1人引っ越ししてもほかの入居者から継続して家賃収入が得られるでしょう。

部屋の稼働率が高い

多くのシェアハウスは、1カ月からの入居が可能となっています。また、保証人なども不要なことがほとんどです。そのため、口コミなどで評判が広がれば、新しい入居者は次々とやってくるでしょう。

上記のメリットのほかに、若者同士や異文化同士のコミュニティ作りなどに意義を感じるというオーナーも少なくないようです。

シェアハウスのセキュリティ対策は?


シェアハウスでは入居者が共同で生活することになるため、入居時にはじっくりと面談を行うことが大切です。

しかし、面談を行った上で信頼できる人だろうと感じても、シェアハウス内で盗難などが起きる可能性は0ではありません。

シェアハウス内で盗難が起きる主な原因は、各部屋に鍵をかけることができても、浴室やトイレに行くたび鍵をかけるのはどうしても面倒になって無施錠になってしまうことなどが挙げられます。

そのため、多くのシェアハウスでは個室ごとに、貴重品を入れられる金庫を備えています。外国人の場合は特に、パスポートなどを金庫に保管する必要も出てくるので、室内に金庫を設置した方が良いでしょう。

セキュリティ対策として、玄関に防犯カメラなどを備えているシェアハウスもあります。
しかし、常に誰かしらが建物の中にいるシェアハウスでは、空き巣や泥棒など外部からの被害に遭うことは、それほど多くはありません。

シェアハウスでセキュリティ性を高く保つには、シェアハウス内での盗難対策などの方を重点的に行うことをおすすめします。入居者にとって住みやすく、安心・安全な環境を整えましょう。