• 9月は防災月間
  • まもなく始まるマイナンバー、準備はお済みですか?
  • ビッグなボルトでタフに守る・ビッグボルトシリーズ
  • 水害対策の強い味方・脅威の72時間防水:ウォータープルーフシリーズ
  • 創業1930年。信頼のブランド
  • 合鍵のご注文・暗証番号
  • よくあるご質問

耳より情報・金庫あれこれ

現金だけではない金庫に入れるもの

金庫に入れるものは、「これでなくてはいけない」と決められているわけではありません。
ときには、先に収納するものを決めてから、それに合わせて金庫を選ぶということも必要です。今回は現金だけではない、金庫に入れるものについて解説します。

金庫の役割について


金庫というと「泥棒から現金などを守るもの」というイメージが強いかもしれません。
しかし、これは金庫の機能の一部を言い表しているだけに過ぎません。金庫の役割を挙げてみると、次のようなものも考えられます。

災害から守る

金庫はその歴史から言っても、もともと火災から大切なものを守るという側面が大きいものでした。1835年にニューヨークの大火災で多くの金庫が焼失したことから、耐火性を重視した金庫が開発されるようになり、その性能は現在の金庫にも受け継がれています。今では火災だけでなく、震災や水害にも強い金庫が作られています。

泥棒から守る

耐火性能の次に重視されるのが、防盗性能です。
金庫のロック方式は、目的に応じてさまざまなものが作られており、簡単に破ることができず、道具を使用した金庫の破壊や扉のこじ開けも容易ではありません。
さらに、金庫ごと持ち去られないよう重量は重く作られており、ボルトなどで床に固定することができるものもあります。

重要なものを保管する

そばに置いておきたいもの、時々取り出すものを「保管」するのが、住宅やオフィス用金庫の役割です。
保管という言葉には、管理という意味が含まれています。金庫は、その中身を災害や泥棒から守りつつ、必要なときには取り出すという役割も持っています。日常的に取り出す必要がなく、滅多に取り出さないものは、銀行の貸し金庫などを利用する方法もあるでしょう。


金庫に入れるもの ~現金編~


自宅でタンス預金をされている方もいらっしゃるかと思います。
その場合、どこかに隠しておくだけでは、泥棒に入られたときに盗まれるだけでなく、火災が起きて燃えてしまう可能性もあります。

また、会社や店舗で現金を保管する必要があるときでも、盗難と火災などの災害対策が必要です。

金庫は現金のほか、株券、有価証券、商品券などの保管にも有効です。耐火性能と防盗性能を併せ持つ金庫を用意しましょう。


金庫に入れるもの ~重要書類~

住宅の場合は、権利証や契約書、保険証券、預金通帳、印鑑証明書といった重要書類にも、保管場所が必要です。マイナンバーの個人番号カード(通知カード)も重要な個人情報となるため、引き出しやタンス等にそのまましまっておくのは危険です。

さらに、会社ではこれらのほかに、ビジネス書類、法的に保管しておかなければならない書類などが加わるでしょう。また、書類ではありませんが、カードや印鑑もきちんと保管しておく場所が必要です。

いずれにしても、これらは紛失すると面倒なことになります。特に、土地の権利証(登記済証)などは再発行ができず、不動産を売却する際には司法書士などに依頼して「本人確認情報」を作成しなければいけません。
紛失防止という意味でも、金庫に厳重に保管しておくことが大切です。

このような重要書類を保管するときは、津波や浸水に備えて耐水性能も備えた金庫を検討するとより安心でしょう。

また、重要なデータを記録した電子媒体を保管する場合、媒体が熱を持つ可能性があるため、耐火性能がより優れた専用の金庫を用意する必要があります。

金庫に入れるもの ~貴重品類~

宝石や貴金属、金塊、美術品、骨董品などを保管したいという場合もあるでしょう。盗まれた場合に現金化されやすいこともあって貴金属類は狙われやすいため、このような高価な品もやはり金庫に保管しておくのが安心です。

ただし、温度や湿度などにデリケートなものは、保管の仕方に注意が必要です。例えば宝石では、エメラルド、真珠、オパール、トルコ石などは、高熱のために変色したり、汚損したりする恐れがあります。このような貴重品については、購入した店舗に問い合わせ、金庫での保管に適しているかどうかを確認した方が良いでしょう。

金庫に入れるもの ~思い出の品類~

お金や書類のほかにも、大切なものはあります。思い出の詰まったアルバム、手紙、賞状、トロフィー、勲章、趣味のもの、先祖代々伝わるものなどは、高価なものでなかったとしても、所持する本人にとってはお金を出しても買えない、かけがえのないものでしょう。

金庫はこうした思い出の品などを入れる場所としても活用できます。実際に、お客様よりセントリーグループに送られてきたお手紙でも、「火災から大切なものを守ることができた」というご意見をいただいております。
お客様よりいただいたお手紙はこちら

金庫に入れるものには、さまざまなものがあるということがおわかりいただけたでしょうか。もしかしたら、意外なものの保管にも金庫が役立つかもしれません。
何か守りたい大事なものがあったら、そのサイズに合わせた大きさや性能を持つ金庫を選び、身近なものとして「金庫」を有効に活用してください。

オススメ金庫はこちら!
セントリー製品一覧はこちら→