• 9月は防災月間
  • まもなく始まるマイナンバー、準備はお済みですか?
  • ビッグなボルトでタフに守る・ビッグボルトシリーズ
  • 水害対策の強い味方・脅威の72時間防水:ウォータープルーフシリーズ
  • 創業1930年。信頼のブランド
  • 合鍵のご注文・暗証番号
  • よくあるご質問

耳より情報・金庫あれこれ

確認すべき金庫の耐用年数について

意外と思われるかもしれませんが、金庫には使用期限=耐用年数があります。
金庫の業界団体である日セフ連(日本セーフ・ファニチュア協同組合連合会)では、金庫の有効耐用年数の基準を製造後約20年としています。今回は知っておくべき金庫の耐用年数について解説します。

耐用年数とは何か?


本来、耐用年数とは機械設備や建物など固定資産が使用できる期間を財務省令によって定めた年数のことです。この年数によって減価償却の期間が決まります。
なお、これが転じて、製品などの使用に耐え得る年数を耐用年数と称するようにもなりました。

では金庫の耐用年数についてはどうでしょうか。
国税庁が公表している「主な減価償却資産の耐用年数(器具・備品)(その1)」という表によれば、「手さげ金庫」の耐用年数は5年、「その他のもの」(通常の金庫=耐火金庫)の耐用年数は20年となっています。一方、日セフ連でも、「耐火金庫」の有効耐用年数は20年が基準としています。

つまり、一般的な金庫(耐火金庫)の耐用年数は、法的にも性能的にも20年が目安になるということです。

耐火金庫の耐用年数はなぜ20年?


では、頑丈で半永久的にも使用できそうに思える金庫の耐用年数は、なぜ20年なのでしょう。

それは耐火金庫がどのようにして耐火性能を実現しているかという仕組みと関係があります。耐火金庫は火災によって温度が上がると内部に充填されている耐火材(主に気泡コンクリート)中の水分が蒸発、その際に発生する気化熱によって庫内の温度上昇を抑え、さらにはその時に発生する蒸気が炎の金庫内への侵入を防ぐ仕組みになっています。

耐火材に含まれる水分には結晶水と自由水という2種類があり、特に自由水は長年使用しているうちに徐々に失われていきます。

日セフ連による耐火材内の水分量と経年変化の調査によると、製造後20年を過ぎると結晶水と自由水を合わせた水分量の約20%が失われてしまうことが分かりました。こうなると金庫は本来の性能が発揮できなくなり、そのため耐火金庫は20年が寿命とされているのです。

鍵が開かなくなるのは耐用年数が過ぎたせい?


しかし、金庫の耐用年数と金庫の施錠機構の故障には直接の関係はありません。
鍵の不具合は使用年数にかかわらず、起こる可能性があります。よくあるのはテンキー式の金庫で電池がなくなる(残量が少なくなっている)、あるいは電池の液漏れが起きている、電池ボックス内のバネが腐食しているなどの理由でテンキー機構が動作しなくなるケースです。

また、シリンダー錠で鍵穴に何かが詰まってしまうこともあります。古い金庫では扉が下がってしまって内部のカンヌキの位置がずれ、鍵を差し込んで回そうとしても固くなってしまうこともありますが、これも耐火金庫としての耐用年数とは問題が異なります。

いずれにしろ施錠機構の不具合は一部の部品交換だけで直ることが多いので、調子が悪くなったときには金庫メーカーや修理業者に問い合わせてみるといいでしょう。

金庫の耐用年数はしっかりと把握しておく必要があります。耐用年数を過ぎると金庫の耐火性能が落ちていることを覚えておいてください。万一の火災に備えるのであれば、耐火金庫は20年を目安に買い換えを検討しましょう。